寝室に異空間が出現 幼少時代⑦

私は子ども頃から不思議なことばかり考えていました。

夢見がちな子どもだった様です。

 

私の幼少期の恐怖体験をお話しします。

 

私が幼稚園児の頃、寝室に家族5人で寝ていました。

兄と私は二段ベッドで。両親と妹は、二段ベッドの隣に布団を敷いて寝ていました。

私は、二段ベッドの下の段で寝ていたのですが、よく眠れない日がありました。そんな夜は、暗闇の中で恐怖を感じながら、時間が過ぎるのを一人でじっと待っていました。

ある晩、奇妙な出来事が起こりました。

その日も寝つけず、ベッドの中で一人でじっとしていました。横になりながら部屋の中を見渡すと、おどろおどろしい赤黒いエネルギー体が天井の辺りに出現し、それがまるで渦を巻いていかのるような異様な空間が出現したのです。

その時に、ものすごい恐怖というわけではありませんが、暗いマイナスの重たい空気を感じていたのは確かです。

その時私は、口から白い何かドロッとした物を大量に吐き出してしまいました。何かは、分かりませんでしたが、ホラー映画で悪霊に取りつかれた人がよく吐き出すような白い液体です。

助けを求めようとベッドの隣で寝ている両親を見ると、二人とも布団に仰向けになったまま全く動かず、生気も感じられませんでした。そして、顔にガスマスクのようなものを被っており、そのマスクの口の部分から天井に向かって蛇腹状のチューブがつながっていました。

そして、次に部屋が動き出したのです。

まるで何かに引っ張られるように、部屋ごと、いや団地ごと空中に浮き、空に向かって徐々に吸い上げられている感覚がありました。窓の外に、強い光も見えました。

その後の記憶はなく、意識が薄れて眠ってしまったんだと思います。

次の日の朝目覚めると、部屋は元の状態に戻っていました。前の晩に吐き出したはずの汚物の痕跡など何も見られませんでした。

当時を振り返ると、その時住んでいた地域は、あまり明るい雰囲気ではなく、暗い印象を与える土地だったなと感じます。すぐに引っ越したので、あまりよく覚えていませんが...暗い思い出しかありません。

先日、気になって、その土地をネットで調べてみると、「〇〇〇の戦い」というワードがヒットしました。〇〇〇は、ずばり、その町名です。合戦場がどこだったのかは、はっきりと記録には残っていないそうです。

悲しい歴史から生まれた負のエネルギーに満ちた土地だったのでしょうか。

それとも、まるでUFOにアブダクションされてしまいそうなシチュエーションであることからすると、あちら側の宇宙人の仕業だったのでしょうか。

それとも、その当時テレビで観たSF映画やドラマ(何かを観たかどうかも覚えていませんが)に影響された妄想、幻覚だったのでしょうか。

このような体験はこの夜だけではなく、似たようなことが何度か起こったと記憶しています。頭の中で会話が聞こえていた(その③を参照)のも、この場所この時期です。

あの時の体験は、夢ではなかったという確信はあります。なぜなら、今でも鮮明に覚えているからです。

みなさんは、不思議な体験をしたことがありますか?あったら聞かせてくださいね。

 

幼少時代⑧につづく

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました