戦争犠牲者のハーモニカの音色 少年時代⑦

ガラスのような繊細な心をもっていた少年時代。

私は、周りとは少しだけ感覚が違っている不思議な子どもでした。

 

1981年冬のことです。

小学6年生の冬休みは、お正月を祖父母の家でゆっくりと過ごしました。その後、自宅に帰る途中、ある出来事が起きました。

私の住む街のターミナル駅に到着し、その駅と大通りの向こう側にある商店街とをつなぐ「地下道」を通っていた時のことです。

私たち家族は、その地下道を利用するため、階段を下り始めました。すると、地下道の奥の方から何とも言えない、悲しげなハーモニカの音が聞こえてきたのです。

そのメロディを聞きながら地下通路を歩いて行くと、3人の年老いた男性が膝をついた姿勢で、ハーモニカを吹いている様子が目に入ってきました。

何のためにこの場所でハーモニカを吹いているのかは分かりませんでしたが、その音色と身にまとっている暗いオーラは、深い悲しみを物語っていました。

その3人のそばを通り過ぎた時に、私は、あることに気づき、衝撃を受けました。

その3人は、片腕がなかったのです。足がなかった人もいたように思います。

肩から義手がついていましたが、それは、現代のものとはずいぶんと違い、ただの棒にしか見えない簡易なものでした。手のひらにあたる部分は付いておらず、肩から伸びる棒の先端を地面に立てかけて、体を支えているような姿勢でした。義手の素材が、木製か金属製かは分かりませんでしたが、とても古びた感じでした。

その義手を洋服で隠すこともなく、むき出しにしたまま、もう片方の手でハーモニカを吹いていたのです。

まだ小学生だった私にとって、その光景は、あまりにも衝撃的でした。

その人達の前を通り過ぎ、地下道の階段を登って地上に出ると、母がこう言いました。

「あの人達は、戦争の犠牲者なのよ。」

それを聞いて、あの悲しみのオーラの意味を理解することができました。初めは彼らに対する恐怖心があったものの、次第に悲しみや哀れみといった同情心に変わっていきました。

「おばあちゃんからもらったお年玉、あの人たちあげてもいい?」と私が聞くと、

「いいよ。」と母は答えてくれました。

きっと、あの方々は、傷痍軍人だったのだと思います。

1981年と言えば、終戦から約34年が経っています。彼らの34年間を思うと、胸が苦しくなってきます。日本は、戦後の復興はすでに終わり、戦争の面影は感じられず、すっかり近代国家になっていました。面影が残っていないどころか、その悲しい影をかき消そうとするかのように、日本は好景気に盛り上がっていました。高度経済成長(1955年~1972年頃)を経て、バブル期(1986年~1991年頃)に向かっている最中です。

そんな世情を背景に、突然現れた、悲しみを身にまとった戦争犠牲者たち。

私にとって彼らは、戦争のリアルさを身を挺して教えてくれたとても貴重な存在です。文字通り、生きた教材です。広島と長崎の原爆資料館に行った時も、もちろん衝撃を受けたし、そこから多くのことを学びました。しかし、この地下道での経験は、原爆資料館以上のリアルさがあり、心に強く訴えるものがありました。

 

ここのところ、いつ戦争が始まってもおかしくない状況になっています。未だに軍事力を手段としていることに、怒りを通り越して呆れてます。

戦争を解決の手段として考えてる人たち、戦争で利益を得ようとしている人たち、裏で操っている人たち、人の命を軽んじている人たちに対して

一言、言わせてもらってもいいですか?

 

この、

 

ばかやろう。

 

他に方法は考えられないの? 本当に血が通っているの? 本当に人間なの?

どんな事情があろうとも、どんな状況に置かれようとも、どんな立場であろうとも、それをやっていい理由なんてないんだよ。

 

恥を知れ。

 

私は、許せない。

地球をこれ以上汚すなんて許せない。

はらわたが煮えくりかえる。

許せない。

絶対に許せない。

 

でも、

でもね…

このまま、許さなくてもいいの?

ネガティブな感情で、幸せな現実を導けるの?

許した方がいいの?

子供の頃は、どんな理不尽な理由で喧嘩しても最後は許しあった。

今回は問題の規模が違うから、この件に関しては許さなくてもいいの?

人を許すのに問題の大小は関係ないよね…

分からない…

許した方がいいのだろうか?分からない…

許すべきなのか。分からない…

許せない! でも、

許した方がいいの?

私の中の人間的な部分が、悩んでいる。叫んでいる。

どうなんだ、おい、自分!

 

 

で、できることなら許したい。

ゆ、許したい。

私は、

私は、許します。

 

「許さない。」というネガティブな気持ちをもつことで解決するのならば、そうします。しかし、それはあり得ません。

何事にも言えることですが、いくら辛い状況であっても、「許す」という愛の感情をもって事に当たらなければ、いい方向には行きません。

 

私をいじめてきた人達を「許さなかったら」、「もっと苦しんでいた」でしょう。

私をいじめてきた人達を「許したから」、「人生が明るく開けて」きたのです。

これと同じです。

 

私たちは、高次の星から転生してきました。銀河という大きなスケールで物事を見ることができるはずです。一歩下がって視野を広げ、銀河の住人という視点で、地球を見てましょう。

銀河の一点に、青く美しい星があります。それは、地球という惑星です。今まで、天変地異や人災によって、何度も滅びかけた星です。それでもあきらめず、今も、次元上昇しようとチャレンジしている星なのです。あともう少しで、暴力ではなく平和的な手段で、この星の問題を解決できるようになりそうなのです。しかし、まだ、古いやり方を繰り返してしまったり、ネガティブな存在に惑わされたりして、最後の一歩がなかなか踏み出せないでいます。地球人は常に悩み苦しみ、時に自暴自棄になり、あらぬ方向に舵をとろうとしてしまう危うさがあります。この星は見ていて、本当にハラハラさせられます。あきれ返る時もあります。でも、なんでだろう?この地球には不思議な魅力があるのだろうか、応援せずにはいられなくなるのです。間違えた選択をしようとも失敗しようとも「許して」あげたくなるのです。助けてあげたくなるのです。それぐらい価値のある星なのです。素晴らしい星なのです。愛すべき星なのです。だから、何度でも「許し」ます。

私たちには、全てを許す力があるのです。

「許し」とは愛です。私の中の地球に光を当て、全てを許し、全てを愛し、慈しむことこそ、私たちがすべきことなのです。

これが、世界を平和へ導く唯一の方法なのです。

 

少年時代⑧につづく

コメント

  1. What’s up it’s me, I am also visiting this web page on a regular basis, this web page is
    actually good and the visitors are in fact sharing nice thoughts.

タイトルとURLをコピーしました